東京工業大学比嘉研究室ホームページ

研究室所属

■研究生としての本研究室所属は、次の条件を全て満たす方のみ受け入れています。

  1. 国費や企業・団体等の奨学金の受給が確定している方
  2. 日本語での意思疎通に問題の無い方(留学生の場合は、日本語検定1級以上)
  3. 学部の成績が上位10%以内の方(順位を示すのが難しい場合は、成績表の3分の2以上が優(またはA)であること)
    学部の成績が上位で無い場合、GMATのスコアが650点以上であれば、そのスコアで代替できるものとします。

■ 大学院入学希望の方は博士、修士課程ともに直接大学院へ受験してください。

■本研究室では、特に次のようなテレワークに関する研究に興味を持っている方(修士・博士とも)を募集しています。

  1. 経営戦略・組織革新としてのテレワーク
  2. テレワーク支援システム・ツールの開発
  3. E-コマースの分析モデル
  4. 地域活性化のためのテレワーク
  5. ITオフショアアウトソーシング

(いずれの分野も詳細については、研究活動の頁を参照してください)
■ 受験手続等については、イノベーションマネジメント研究科のホームページを参照してください。

■ 更に、本研究室への入学資格として東京工業大学大学院が要求するもの以外に次の条件があります。

1)面接により研究目的が本研究室に適しているとされた場合

2)文書により研究目的が本研究室に適しているとされた場合

上記1)または2)の条件を満たし、大学院入試(筆記および面接)に合格した者のみ受け付けています。

■ 技術経営(MOT)専攻への入学希望者は、入学申請の際はイノベーションマネジメント研究科技術経営専攻として申し込んでください。

■ 博士後期課程(Dr)コース(4月および10月入学)希望者は上記1)または2)を満たし、大学院入試(面接)に合格した者のみ受け付けています。入学申請の際はイノベーションマネジメント研究科イノベーション専攻として申し込んでください。なお、自分の研究テーマに直結する審査付き論文(学術研究論文または審査付き国際会議発表論文)が最低1本印刷または受理済みであることが望まれます。そうでない場合は、3年での卒業は難しくなります。
「審査付き論文」とは、外部の専門家(査読者)による審査を受けた論文を指し、学内審査のみのレポート・論文は「審査付き論文」とは認められませんのでご注意ください。

PAGETOP
Copyright © Higa Laboratory : Tokyo Institute of Technology All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.