東京工業大学比嘉研究室ホームページ

研究論文

研究論文


データベース関連
知識ベース関連
E-mailのインテリジェント化に関する研究
遠隔医療システムとそれを利用する医療組織に関する研究
テレワークを行うための組織変革、制度改革、教育、情報インフラやツールなどに関する研究
その他
博士論文・修士論文・卒業論文

データベース関連

I. セマンティック・データモデルを利用したエンドユーザのためのデータベース構築方法とそのツールの開発.
正規化理論を知らないエンドユーザによる関係データベース構築を支援するための研究.

 

    1. Higa, K. and Liu Sheng, O.R., “An Object-Oriented Methodology for an End-user Logical Database Design: The Structured Entity Model Approach,” in Proceedings of IEEE 13th International Computer Software & Applications Conference, Orlando, FL, pp. 365-373, September 1989.
    2. Liu Sheng and Higa, K., O.R., “An Analytical and Empirical Comparison of End-User Logical Database Design Methods,” Journal of Database Administration 1(2), pp1-15, Fall 1990.
    3. Higa, K., Owei, V., and Fritz, M.B. “A Graph-based Semantic Data Model Approach to Nested Objects,” in Proceedings of Association of Management Conference, Las Vegas, August 1992, Vol. 10, No. 2, pp. 88-93.
    4. Higa, K. and Sato, K., “Semantic Data Model Support for Referential Integrity Maintenance,” in Proceedings of Association of Management Conference, Las Vegas, Vol. 10, No. 2, pp. 82-87, August 1992.
    5. Higa, K. and Fritz, M.E., “Defining Referential Integrity Constraints for a Poorly Defined Database System,” Journal of Information and Systems Engineering, 1(1), pp. 69-81, 1995.
    6. Higa, K., Ma, P.C., and Smith, M.A., “Defining Business Constraints in Relational Databases Using a Semantic Data Model,” in Proceedings of the third International Conference of the International Society for Decision Support Systems (ISDSS), Vol. 2, Hong Kong, June, 1995, pp. 347-360.
    7. 比嘉邦彦、奥野哲也、”エンドユーザによるグラフィカルモデルを用いたDB設計の特徴、” 経営情報学会1998年度秋季全国研究大会予稿集、平成10年10月, pp.197-200
    8. 富士川、比嘉邦彦、”意味データモデルを用いた関係データベースの整合性制約の定義法、” 経営情報学会1998年度秋季全国研究大会予稿集、平成10年10月, pp.193-196
    9. 伊藤晃典、比嘉邦彦、”マルチエージェント技術を用いた分散データベース検索システム、”日本テレワーク学会2004年度研究論文発表大会予稿集、平成16年7月,pp.79-84
    10. HongGirl Lee, Kunihiko Higa, and Takayuki Fujikawa, “A Study on The Effective Database Integration Methodology ? The Identification of Name Conflict ,” Journal of Korean Navigation and Port Research, Vol. 29, No. 5, 2005, pp. 457-464 ( in Korean)

Ⅱ. エンドユーザのためのデータベース検索言語とそのツールの開発.

SQL等のプログラミング型検索言語を知らないエンドユーザによる複雑な検索処理を支援するための研究.

    1. Higa, K. and Owei, V., “Data Model Driven Database Query Tool,” in Proceedings of 24th Hawaii International Conference on System Sciences, Vol. III, Kauai, HW, pp. 53-62, January 1991.
    2. Owei, V. and Higa, K., “A Paradigm for Natural Language Explanation of Database Queries: A Semantic Data Model Approach,” Journal of Database Management, 5(1), Winter 1994, pp. 18-30.

III. その他.

 

  1. HongGirl Lee, Kunihiko Higa, and Takayuki Fujikawa, “A Study on The
    Effective Database Integration Methodology – The Identification of Name
    Conflict ,” Journal of Korean Navigation and Port Research,
    Vol. 29, No. 5,2005, pp. 457-464 (*in Korean*)

研究論文トップ

知識ベース関連

Ⅰ. 構造的ルールベースの構築、および、保守方法に関する研究.

整合性が取り易く保守が容易な構造的ルールベースの構築・保守方法とその応用に関する研究.

    1. Higa, K., “Methodical Design and Maintenance of Well-Structured Rules”, in Proceedings of ACM SIGBDP International Conference on Trends and Directions in Expert Systems, Orlando, FL, pp. 377-395, October 1990.
    2. Higa, K. and Owei, V., “An Integrated Rule-base Reduction System,” in Proceedings of IEEE/ACM International Conference: Developing and Managing Expert System Programs, Washington D.C., September 1991.
    3. Morrison, C.M., Morrison, J., Liu Sheng, O.R., & Higa, K., “Environment Selection, Training, Implementation High-Level Expert Systems Environments: Experiences and Guidelines,” The Journal of Systems & Software, 19:147-152, 1992.
    4. Higa, K. and Liou, Y., “Object Classification Model (OCM): A Graph-Based Technique for Knowledge Acquisition and Representation,” in Proceedings of the 7th Banff Knowledge Acquisition for Knowledge-Based Systems Workshop, Banff, Alberta, Canada, pp. 13-1 – 13-13, October 1992.
    5. Higa, K. “Quality Measurement of Rule Bases,” in Proceedings of the Third Annual International Association of Knowledge Engineers Symposium, Washington D.C., pp. 66-76, November 1992.
    6. Higa, K. “Improving Maintainability of Rule Bases by Simplifying Rule Structures,” in Proceedings of Japan/Korea Joint Conference on Expert Systems, Tokyo, Japan, March 1994.
    7. Higa, K., “Making Rule Bases Maintainable and Reliable,” Journal of Computer and Software Engineering, Vol.3, No.1, pp. 5-20, Spring 1995.
    8. Higa, K. and Lee, H.G., “A Graph-based Approach for Rule Base Maintenance,” in Proceedings of the third International Conference of the International Society for Decision Support Systems (ISDSS), Vol. 1, Hong Kong, June, 1995, pp.3-12.
    9. Higa, K., “A Guide to Improve Maintainability of Existing Rule Bases,” Decision Support Systems, 18(1), 1996, pp. 23-31.
    10. 石田昌美、比嘉邦彦、”部分重複ルール構造がルールベース保守に及ぼす影響、” 経営情報学会1998年度秋季全国研究大会予稿集、平成10年10月, pp.149-152
    11. Higa, K. and Lee, H.G., “A Graph-Based Approach for Rule Base Integrity and Maintainability in Expert System Maintenance,” Information and Management, 33(6), pp. 273-285, 1998.
    12. HongGirl Lee, Bongsik Shin and Kunihiko Higa, “Telework vs. central work: A comparative view of media usage for Knowledge access” Decision Support Systems, Vol. 43, No. 3, pp. 687-700, 2007

 

II. データベースと知識ベースのカップリングとその応用に関する研究.

データベースのインテリジェント化を行うための研究.

    1. Higa, K. and Liu Sheng, O.R., “An Object-Oriented Methodology for Database/Knowledgebase Coupling: An Implementation of The Structured Entity Model in Nexpert System,” Data Base, vol. 20, no. 1, pp. 24-29, Spring 1989.
    2. Higa, K., Morrison, C.M., Morrison, J., & Liu Sheng, O.R., “An Object -Oriented Methodology for Knowledge Base/Database Coupling,” Communications of the ACM, 35(6), pp. 99-113, June 1992.

III. その他

    1. HongGirl Lee, Kunihiko Higa, and Takayuki Fujikawa, “A Study on The
      Effective Database Integration Methodology – The Identification of Name
      Conflict ,” Journal of Korean Navigation and Port Research, Vol. 29, No. 5,
      2005, pp. 457-464 (*in Korean*)

研究論文トップ

E-mailのインテリジェント化に関する研究

    1. Motiwalla, L.F., Higa, K., Liu Sheng, O.R., and Nunamaker, J.F., “A Knowledge-based Mail System to Support Managerial Activities,” in Proceedings of the 22nd Hawaii International Conference on System Sciences, Volume III, Kona, HW, pp. 650-659, January 1989.
    2. Higa, K., Aiken, M., and Liu Sheng, O.R., “A Knowledge-based Message Dissemination System: Design and Implementation,” in Proceedings of the 21st Annual Meeting of Decision Sciences Institute, San Diego, CA, November 1990.
    3. Higa, K., Aiken, M., and Liu Sheng, O.R., “Structured Design of a Knowledge-based Message Dissemination,” International Journal of Software Engineering and Knowledge Engineering, 4(1), pp. 61-80, 1994.
    4. Liqun Hwang, Kunihiko Higa, “Using Knowledge-Based E-Mail System to Support Office Workflow Management: A Scenario-Based Approach”, Information Technology for e-Strategy, June 20-22, 2001, Seoul, Korea, pp948-960
    5. Hwang, L. and Higa, K., “Using Knowledge-Based E-Mail System to Support Office Workflow Management: A Scenario-Based Approach” in proc of PACIS, Seoul, Korea, June 2001, pp948-960.
    6. 松本繁叔、比嘉邦彦、”電子メールを用いたデータベース検索支援システム”経営情報学会2001年度秋季全国研究大会予稿集、平成13年10月, pp.
    7. Shin, B. and Higa, K., “Meeting Scheduling: Face-to-Face, Automatic Scheduling, and E-mail Based Coordination,” Journal of Organizational Computing & Electronic Commerce, Vol. 15, No. 2, pp.137-159, 2005.

研究論文トップ

遠隔医療システムとそれを利用する医療組織に関する研究

    1. Au, G., Kwok, C., & Higa, K., “The Development of Telework in the Health Care Industries,” in Proceedings of the 28th Hawaii International Conference on System Sciences, Volume IV, Maui, HW, pp. 456-465, January 1995.
    2. Au, G., Higa, K., and Kwok, C., “The Development of Telemedicine in Hong Kong,” Journal of Organizational Computing and Electronic Commerce, Vol. 6, No. 4, 1996, pp. 365-383.
    3. Higa, K., Shin, B., and Grace Au, “Suggesting a Diffusion Model of Telemedicine: A Focus on Hong Kong’s Case, ” in proc of the 30th Hawaii International Conference on System Sciences(HICSS), vol 4, pp.156-165, 1997.
    4. Hu, P., Liu Sheng, O.R., Wei, C.P., and Higa, K., “Organizational Adoption and Diffusion of technological Innovations: A Comparative case Study on Telemedicine in Hong Kong” in proc of the 30th Hawaii International Conference on System Sciences(HICSS), 1997. Nominated for the Best Paper Award
    5. Liu Sheng, O.R., Hu, P.J.H., Higa, K., and Wei, C.P., “Urban teleradiology in Hong Kong,” Journal of Telemedicine and Telecare, Vol. 3, No. 1, 1997, pp. 71-77.
    6. Liu Sheng, O.R., Hu, P., Wei, C.P., Higa, K., and Au, G., “Adoption and Diffusion of Telemedicine Technology in Health Care Organizations: A Comparative Case Study in Hong Kong,” Journal of Organizational Computing and Electronic Commerce, 8(4), pp.247-276, 1998.

研究論文トップ

テレワークを行うための組織変革、制度改革、教育、情報インフラやツールなどに関する研究

    1. Fritz, M.B., Higa, K., and Narasimhan, S., “Telework: The Borderless Office,” in Proceedings of the 27th Hawaii International Conference on System Sciences, Volume IV, Maui, HW, pp. 149-158, January 1994.
    2. Fritz, M.E., Higa, K., and Narasimhan, S., “Toward a Telework Taxonomy and Test for Suitability: A Synthesis of the Literature,” Journal of Group Decision and Negotiation, 4(4), pp. 311-334, 1995.
    3. Bui, T., Higa, K., Sivakumar, K., and Yen, J., “Beyond Telecommuting: Organizational Suitability of Different Modes of Telework,” to appear in Proceedings of the 29th Hawaii International Conference on System Sciences, Volume IV, Maui, HW, January 1995.
    4. Higa, K., Sivakumar, V., Yen, J., and Bui, X.T., “Comparison of Telework in the US and Japan: A Cultural Contingency Model,” Proc. of the 1996 ACM SIGCPR/SIGMIS Conference, Denver, Colorado, April 1996, 351-359.
    5. Sivakumar, V., Higa, K., Yen, J., and Bui, X.T., “Telework: A Diffusion of Administrative Innovations,” Proc. of 1st Asia/Pacific DSI Conference, Hong Kong, June 1996, 1077-1086.
    6. Shin, B., Higa, K., and Liu Sheng, O.R., “Modeling Intra-Organizational Adoption and Diffusion of Telework,” in the Proceedings of the America’s Conference on Information Systems (AIS), Phoenix, 1996, 359-361.
    7. Bongsik Shin, Higa, K., and Liu Sheng, O.R., “Telework: Organizational Innovation,” in the Korean Federation of Scientists and Engineers International Technical Conference, Seoul, 1996, 1248-1256.
    8. Higa, K., Shin, B., and Sivakumar, V., “Meeting Scheduling: An Experimental Investigation,” in the Proceedings of IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, Beijing, China, 1996, pp. 2023-2028.
    9. Higa, K. and Bongsik Shin, “Telework: Current Status and Future Directions,” in 研究成果報告書:情報ネットワーク技術の動向とその社会的インパクト(代)森雅夫、東京工業大学、Dec. 1996, pp72-81.
    10. Shin, B., Higa, K., and Liu Sheng, O.R., “Organizational Effectiveness and a Telework Adoption Model,” in the 30th Hawaii International Conference on System Sciences (HICSS), vol 4, pp. 110-119, 1997.
    11. 比嘉邦彦、”テレワーク研究の現状と将来、”経営情報学会1997年度春季全国研究大会予稿集、平成9年6月, pp. 133-136
    12. Higa, K. and Wijayanayake, J., “Telework in Japan: Perceptions and Implementation,” in proc of the 31st Hawaii International Conference on System Sciences(HICSS), vol 4, pp. 169-177, 1998.
    13. Shin, B., Liu Sheng, O.R., Higa, K. and Figueredo, A.J., “A Study of Teleworkers’ Media Use,” in the 31st Hawaii International Conference on System Sciences (HICSS), vol 4, pp. 178-187, 1998.
    14. 舛岡靖司、比嘉邦彦、”テレワーク導入ガイドラインの検証-富士ゼロックスにおける事例研究-、”経営情報学会1998年度春季全国研究大会予稿集、平成10年6月, pp.255-258
    15. 宇都野好弘、比嘉邦彦、”モバイルワークにおけるグループウェア導入の事例研究、”経営情報学会1998年度春季全国研究大会予稿集、平成10年6月, pp.263-266
    16. 榎波啓、比嘉邦彦、”テレワークの事例研究-導入に関する問題点の考察-、”経営情報学会1998年度春季全国研究大会予稿集、平成10年6月, pp.259-262
    17. 杉本新也、比嘉邦彦、”テレワークグループのメディア選択とコミュニケーションパターン、” 経営情報学会1998年度秋季全国研究大会予稿集、平成10年10月, pp.313-316
    18. Janaka Wijayanayake、比嘉邦彦、”Teleworker’s Communication Media Choice: Usage Behavior and Influential Factors、” 経営情報学会1998年度秋季全国研究大会予稿集、平成10年10月, pp.317-320
    19. Shin, B., Higa, K., and Liu Sheng, O.R., “Analyzing the Media Usage Behavior of Telework Groups: A Contingency Approach,” IEEE Transactions on Systems, Man, and Cybernetics, 29(1), pp. 127-139, Feb. 1999.
    20. Wijayanayake, J. and Kunihiko Higa, “Communication Media Choice by Workers in Distributed Environment,” Information and Management, 36(6), pp 329-338, 1999.
    21. Lee, HongGirl、比嘉邦彦、”テレワークにおけるナレッジマネジメントの役割と必要性、” 経営情報学会1999年度春季全国研究大会予稿集、平成11年6月, pp. 63‐66
    22. 江利川武寿、比嘉邦彦、”テレワークを導入している企業におけるグループウェアに関する事例研究、” 日本テレワーク学会1999年度研究論文発表大会論文集、平成11年6月, pp.85-90
    23. 真崎英彦、比嘉邦彦、”テレワーク環境下における人・組織の支援システムへの提案、” 日本テレワーク学会1999年度研究論文発表大会論文集、平成11年6月, pp.91-96
    24. 比嘉邦彦、舛岡靖司”テレワーク導入企業事例から見る日本型テレワークについての考察、” 日本テレワーク学会1999年度研究論文発表大会論文集、平成11年6月, pp.79-84
    25. Kunihiko Higa, “The Development of Telework Adoption Framework for Japanese Organizations,” 4th International Telework Workshop, Tokyo, 1999, pp. 146-155
    26. Janaka, Wijayanayake and Kunihiko Higa, “Organisational Memory in Telework,” 4th International Telework Workshop, Tokyo, 1999, pp. 111-120
    27. 李、比嘉邦彦、”ナレッジマネージメントの導入時における新しい概念的フレームワークの提案、” 経営情報学会1999年度秋季全国研究大会予稿集、平成11年11月, pp.
    28. Wijayanayake, J.、江利川武寿、比嘉邦彦、”Communication Need-based Work-style Selection” 日本テレワーク学会2000年度研究論文発表大会論文集、平成12年6月
    29. 松本、李、比嘉邦彦、”既存テレワークガイドラインの有効性に関する検証” 日本テレワーク学会2000年度研究論文発表大会論文集、平成12年6月, pp.53-58
    30. Shin, B., Sheng, O.L. and Higa, K, “Telework – Existing Research and Future Directions” Journal of Organizational Computing and Electronic Commerce 10(2), pp. 85-101, 2000.
    31. Kunihiko Higa, Bongsik Shin, and Olivia R. Liu Sheng, “Understanding Relationships Among Teleworkers’ E-mail Usage, E-mail Richness Perceptions, and E-mail Productivity Perceptions Under a Software Engineering Environment,” IEEE Transactions on Engineering Management, vol. 47, no.2 in May 2000, pp.163-173.
    32. Wijayanayake, J. and Higa, K., “Towards A Unified View of Communication Factors in Telework” in proc of PACIS, Hong Kong, June 2000.
    33. Kunihiko Higa and Wijayanayake, J., “Adoption of Telework by Japanese Organizations: A Survey Study,” Journal of Advances in Database, vol. 31, no. 2, Spring 2001, pp. 80-93.
    34. Lee, H. and Higa, K., “Organizational Communication in Telework: Towards KnowledgeManagement” in proc of PACIS, Seoul, Korea, June 2001, pp.123-136
    35. 李、比嘉邦彦、” テレワークにおけるナレッジマネジメントに向けて:テレワークにおける知識共有の場” 日本テレワーク学会2001年度研究論文発表大会論文集、平成13年6月, pp.99-104
    36. 比嘉邦彦、” テレワークを利用した組織改革への提案” 日本テレワーク学会2001年度研究論文発表大会論文集、平成13年6月, pp.105-110
    37. 山崎善洋、比嘉邦彦、” テレワークと企業組織構造と知識共有の関係” 日本テレワーク学会2001年度研究論文発表大会論文集、平成13年6月, pp.111-116
    38. 小海友和、比嘉邦彦、” 戦略的テレワーク効果に影響を及ぼす要因についての研究” 日本テレワーク学会2001年度研究論文発表大会論文集、平成13年6月, pp.117-122
    39. 比嘉邦彦、李、白川浩、”日本型テレワーク導入法に向けて:事例データによる考察” 日本テレワーク学会誌、vol. 1, no. 1, pp. 19-39, 2002.
    40. 比嘉邦彦、山崎善洋、”テレワーク環境における人的資源発見についての研究、” 日本テレワーク学会2002年度研究論文発表大会予稿集、平成14年7月, pp.41-46
    41. 陸駿、比嘉邦彦、”分散型ワークフローマネジメントにおけるアクティブな例外処理、” 日本テレワーク学会2002年度研究論文発表大会予稿集、平成14年7月, pp.53-58
    42. 岩崎卓司、比嘉邦彦、”企業テレワーク評価方法の構築、” 日本テレワーク学会2002年度研究論文発表大会予稿集、平成14年7月, pp.97-102
    43. Higa, K. and Shin, B., “The Telework Experience in Japan,” Communications of ACM, 46(9), pp.233-242, 2003.
    44. 比嘉邦彦、李”テレワークグループにおけるコミュニケーションパターンの分析、”日本テレワーク学会誌、vol. 2, no. 1, pp. 27-44, 2003.
    45. Huang, L. and Higa, K., “Integrating Information Management with Business Process Control: A Scenario-Based Approach,” in proc of Computers and Their Applications 2003, pp.126-129
    46. Hong-Girl Lee, Bongsik Shin, and Kunihiko Higa,”Exploring implications of telework arrangements on knowledge creation and sharing,” Proceedings of the Information Resources Management Association International Conference(IRMA), May 2003.
    47. 比嘉邦彦、小海友和、大野麻衣子、”E-コマースを成功させるには?:既存成功要因への考察と分析モデルの提案、” 第五回日本テレワーク学会研究表大会予稿集、平成15年7月, pp.135-140
    48. 佐堀大輔、比嘉邦彦、”ネットワーク社会対応の組織戦略モデルに関する研究-テレワークを活用した共生モデルと共進化-”日本テレワーク学会誌、vol. 3, no. 1, pp. 35-54, 2004.
    49. 金ヶ江光太郎、比嘉邦彦、”地域活性化のための公的インキュベーション施設の実態調査と分析”日本テレワーク学会誌、vol. 3, no. 1, pp. 55-60, 2004.
    50. 比嘉邦彦、大野麻衣子、”テレワーク活用による自治体改革モデル”日本テレワーク学会誌、vol. 3, no. 1, pp. 61-64, 2004.
    51. 金ヶ江光太郎、比嘉邦彦、”テレワークを利用する公的インキュベーション施設の実態調査と成功要因の分析、”日本テレワーク学会2004年度研究論文発表大会予稿集、平成16年7月,pp.16-20
    52. 佐堀大輔、比嘉邦彦、”テレワーカーにおける業績向上要因に関する一研究、”経営情報学会誌、vol.12,no.4,pp.69-87,2004. 2004年経営情報学会論文賞受賞
    53. Kunihiko Higa and Rui Gu, “Communication Media Selection for Remote Work: Towards a Theory of Media Fitness,” Journal of E-Working, 1(1),  pp.45-68, 2007.
    54. 趙征、比嘉邦彦, ” Telework Readiness of Chinese Organization: A Survey Study,” 日本テレワーク学会誌、Vol. 5 , No. 1 , pp.1- 12, 2007
    55. Rui Gu and Kunihiko Higa, “A Proposal of the Media Fitness Theory,” in proc of the 2nd International Systems Conference, San Diego, U.S., 2006, (CD only, no page number).
    56. Kenji Kumano and Kunihiko Higa, ” An Experimental Study on The Telework-based Diet Management System ,” in proc of the 2nd International Systems Conference, San Diego, U.S.,2006, (CD only, no page number).
    57. Masaru Nakata and Kunihiko Higa, ” Exploring Human Resource Network using Text Mining ,” in proc of the 2nd International Systems Conference, San Diego, U.S., 2006, (CD only, no page number).
    58. Rui Gu and Kunihiko Higa, “A Study on the Behavior of Media Selection in Distributed Working,”(accepted) The 1st International Conference on Management Innovation, Shanghai, China, 2007.
    59. 木下巌、比嘉邦彦、”日本企業の経営課題解決のためのテレワーク導入についての一考察、” 日本テレワーク学会2006 年度研究発表大会予稿集、平成1 8年6月, pp.9-14
    60. 熊野健志、比嘉邦彦、”カメラ付き携帯電話を使った栄養管理システムにおけるテレワーク活用について、” 日本テレワーク学会2006 年度研究発表大会予稿集、平成18年6月, pp.15-20
    61. 中村人哉、比嘉邦彦、”地域振興に寄与する通信インフラ網の研究~閉鎖ネットワークにおけるIP 電話の実証実験~、” 日本テレワーク学会2006 年度研究発表大会予稿集、平成1 8年6月, pp.46-49
    62. 古谷真実、比嘉邦彦、”日本におけるオフショア開発の現状と課題~日米の現状比較から~、” 日本テレワーク学会2006 年度研究発表大会予稿集、平成1 8年6月, pp.70-7
    63. 谷川賢城、比嘉邦彦、”テレワークの施策と効果の分析手法の提案”、経営情報学会2006年秋季全国研究発表大会予稿集、平成18年 11 月、pp. 380-383
    64. 比嘉邦彦、”テレワーク研究の方向性と課題について、”(ディスカッション提案)日本テレワーク学会2006 年度研究発表大会、平成1 8年6
    65. 谷川賢城、比嘉邦彦、”テレワークの施策と成果の分析手法の提案、”( 研究報告)日本テレワーク学会2006 年度研究発表大会予稿集、平成1 8年6月, pp.109-113
    66. 日経BPonline 特集Vol. 5、「豊かな社会」の実現に向けて~時間・空間の制約を取り払うITの可能性”第一回 テレワーク、e- ラーニングの推進で潜在的な労働力、学習意欲解放を図る、””第二回 テレワークを定着させるための課題~日本企業のマネジメントが問われている、” http://business.nikkeibp.co.jp/article/as/20060803/107444/(2007年 5月22日現在)
    67. HongGirl Lee, Bongsik Shin and Kunihiko Higa, “Telework vs. central work: A comparative view of media usage for Knowledge access” Decision Support Systems, Vol 43, No. 3, pp. 687-700, 2007.
    68. Zhao Zheng, Liang Liang, Kunihiko Higa, “The Pre-Evaluation Model to the
      Telework Readiness in China”, IADIS International Conference on e-Commerce
      2007 , December 2007 (Portugal) (CD only, no pages allocated)
    69. Ken Sakakibara, Kunihiko Higa, “Application of Video-Mediated Virtual Office to Industry-Academia Alliance”, The 4th International Conference on Innovation & Management, December 2007(山口)
    70. 谷鋭、比嘉邦彦、“日本と中国の社会におけるメディア選択の比較
      日本テレワーク学会2007年度研究発表大会予稿集、平成19年6月, pp.3-7
    71. 熊野健志、比嘉邦彦、“テレワークが機能する企業戦略と社会的効果の考察” 日本テレワーク学会2007年度研究発表大会予稿集、平成19年6月, pp.22-27
    72. 谷川賢城、比嘉邦彦、“テレワーク導入評価手法の実用化に向けての提案”
      日本テレワーク学会2007年度研究発表大会予稿集、平成19年6月, pp.79-84
    73. 比嘉邦彦 “テレワークにおけるITCの活用・寄与” 海外電気通信、
      2007 秋期特別号、pp52-56、2007
    74. 木下巌、比嘉邦彦、“日本企業の経営課題解決のためのテレワーク導入についての一考察、”
      日本テレワーク学会誌、Vol. 6, No. 1, pp.1-15, 2008
    75. 木下巌、比嘉邦彦、“企業BPR戦略としてのテレワークに関する一考察 -日本企業の例-、”
      日本テレワーク学会誌、Vol. 6, No. 1, pp.33-45, 2008
    76. 熊野健志、比嘉邦彦、“アポロ13号生還にみるテレワーク経営についての考察”
      日本テレワーク学会2008年度研究発表大会予稿集、平成20年6月,pp.14 -19
    77. 生野陽子、尾形わかは、比嘉邦彦、“テレワークのセキュリティ問題に関する考察”
      日本テレワーク学会2008年度研究発表大会予稿集、平成20年6月, pp.57 -61
    78. 熊野健志、比嘉邦彦、“カメラ付携帯電話を使った栄養管理システムにおけるテレワーク活用について” 第三回健康都市連合国際大会、平成20年10月
    79. 中西穂高、比嘉邦彦、“テレワークを活用したアウトソーシングの地域活性化効果に関する研究-高知県における実践調査-、”
      テレワーク学会誌、 Vol. 8, No. 1, 2009
    80. Ken Sakakibara and Kunihiko Higa, “Privacy Violations of Video
      Communications in a Ubiquitous Environment,” Proc. of The 3rd International
      Conference on Multimedia and Ubiquitous Engineering (MUE 2009), June 4-6,
      2009, Qingdao, China
    81. Hodaka Nakanishi and Kunihiko Higa, “Regional activation and administrative
      reform model with Telework,” The 2009 International Conference on
      e-Learning, e-Business, Enterprise Information Systems, and e-Government
      (EEE’09), July 13-16, 2009, Las Vegas, USA
    82. 熊野健志、比嘉邦彦、“新たな成長分野へ挑む次世代ワークスタイルの考察” 日本テレワーク学会2009年度研究発表大会予稿集、平成21年6月, pp.37-42
    83. 比嘉邦彦、“テレワークとリスク、”労働経済春秋、労働調査会出版、pp. 27-33、秋Vol.2、2009
    84. 木下巌、比嘉邦彦、“日本企業の例にみるオフィスワーク部門へのフリーアドレス制を適用したオフィス改革に関する研究” 情報経営学会誌 Vol.30,No2, pp.39-50, 2009
    85. 生野陽子,尾形わかは,比嘉邦彦“テレワーク導入企業における情報セキュリティの調査研究,”
      暗号と情報セキュリティシンポジウム予稿集(CD-ROM),SCIS2009,4E2-2 (2009.1)
    86. (依頼原稿)比嘉邦彦、“テレワークとリスク、”
      労働経済春秋、労働調査会出版、pp. 27-33、秋Vol.2、2009
    87. 井川甲作、比嘉邦彦、“国内分散型ソフトウェア開発におけるコミュニケーション手段についての考察、”日本テレワーク学会2010年度研究発表大会予稿集、平成22年6月、pp.55-59
    88. 小川洋史、比嘉邦彦、“テレワークの組織戦略的利用に関する事例研究、”日本テレワーク学会2010年度研究発表大会予稿集、平成22年6月, pp.73-78 (発表奨励賞受賞)
    89. 大塚絵里、吉井亜沙、比嘉邦彦、金丸利文、渡邉尚洋、“分散環境下でのコミュニケーション・ツールによるソーシャル・キャピタル醸成効果の計測、” 日本テレワーク学会2010年度研究発表大会予稿集、平成22年6月, pp.89-94
    90. 比嘉邦彦、“資源効率化による組織改革:テレワーク型組織の提案、”日本テレワーク学会2010年度研究発表大会予稿集、平成22年6月, pp.7-11
    91. 井川甲作、比嘉邦彦、“ソフトウェア開発におけるコミュニケーションニーズとメディアについての調査研究、”
      日本テレワーク学会2011年度研究発表大会予稿集、平成23年10月、pp. 10-15(発表奨励賞受賞)
    92. 金丸利文、比嘉邦彦、“震災とテレワーク~分散業務環境下において企業内ソーシャル・キャピタルを維持および醸成するには、”
      日本テレワーク学会2011年度研究発表大会予稿集、平成23年10月、pp.38-42
    93. 古俣 升雄、櫻井 良樹、新目 真紀、比嘉 邦彦、“ICT学習支援システムを用いた遠隔非同期グループ学習におけるファシリテーターの役割、”
      日本教育工学会第27回全国大会予稿集、2011年9月17日~19日、首都大学東京
    94. 比嘉邦彦、“テレワークの理論確立に向けて:コストベースのアプローチ、”
      日本テレワーク学会2011年度研究発表大会予稿集、平成23年10月、pp.47-52
    95. 比嘉邦彦、王リンキ、金丸利文、渡邉尚洋、“ICTによるワーカーのソーシャルキャピタル構築への影響に関する実証研究、”日本テレワーク学会2011年度研究発表大会予稿集、平成23年10月、pp.43-46
    96. 比嘉邦彦、吉野祐輝、金丸利文、渡邉尚洋、“コミュニケーション・メディア選択方法論に関する調査と発見、”日本テレワーク学会2011年度研究発表大会予稿集、平成23年10月、pp.65-70
    97. 林海、比嘉邦彦、“オフショア開発のコスト分析、” 日本テレワーク学会2011年度研究発表大会予稿集、平成23年10月、pp.53-58
    98. Kousaku Igawa, Kunihiko Higa, and Nao Kawahara, “A Proposal Of A Text-Based Adaptable Task Management System,” (accepted) ICISCA, November 18-20, 2012, Bali, Indonesea
    99. (研究ノート)Kunihiko Higa, Muneki Matsumoto, Hirofumi Ogawa, Kousaku Igawa, “Two Black Ships to Open Japan: Impacts on Individuals and Organizations,”
      日本テレワーク学会誌、Vol.10, No.1, 2012
    100. (特集論文) 金丸利文、比嘉邦彦、大塚絵里、“超臨場感テレワークシステムと企業内ソーシャルキャピタル、”
      日本テレワーク学会誌、Vol.10, No.2, pp.31-39, 2012
    101. 熊野健志、比嘉邦彦、“米国海兵隊にみるテレマネージメントの要諦、”
      日本テレワーク学会2012年度研究発表大会予稿集、平成24年6月、pp.6-11
    102. 古俣 升雄、櫻井 良樹、新目 真紀、比嘉 邦彦、“遠隔非同期グループ学習における参加型ファシリテーターの存在による学習効果、”
      日本教育工学会第28回全国大会予稿集、2012年9月15日~17日、長崎大学
    103. 新目 真紀、古俣升雄、櫻井良樹、比嘉邦彦、“オンラインディスカッションシステム活用時のソーシャルプレゼンス支援に関する考察、”
      第37回教育システム情報学会全国大会、2012年8月22日~24日、千葉工業大学、pp.302-303
    104. 比嘉邦彦、山崎善洋、“分散環境下におけるコミュニケーション支援と知識蓄積:Group Memory Support Systemの提案と効果測定、”
      日本テレワーク学会2012年度研究発表大会予稿集、平成24年6月、pp.36-41
    105. 林海、比嘉邦彦、 “新規ベンダーによるオフショア開発のコスト分析、”
      日本テレワーク学会2012年度研究発表大会予稿集、平成24年6月、pp.12-17
    106. 櫻井良樹、古俣升雄、比嘉邦彦、“遠隔非同期環境下でのグループ学習支援-Group Memory Support System(GMSS)の効果測定-、”
      日本テレワーク学会2012年度研究発表大会予稿集、平成24年6月、pp.42-45
    107. 新西誠人、大塚絵理、比嘉邦彦、“コミュニケーションによる仮想チームの信頼構築分析 (報告部門, 躍動へ~グローバル化する東京から新しいワークスタイルの発信~)、”
      日本テレワーク学会2014年度研究発表大会予稿集、平成26年7月、pp.89-92
    108. 新西誠人、比嘉邦彦、”仮想チームにおける様子見行動の信頼構築への効果、”
      日本テレワーク学会2015年度研究発表大会予稿集、平成27年7月、pp.9-14
    109. 井川甲作、比嘉邦彦、高宮務、”クラウドソーシングにおけるビッグファイブを用いた能力推定についての初期的調査、”
      日本テレワーク学会2016年度研究発表大会予稿集、平成28年7月、pp.33-38
    110. 高宮務、井川甲作、比嘉邦彦、”クラウドワーカーのパフォーマンス予測に関する調査:CSP指標の有効性について、”
      日本テレワーク学会2016年度研究発表大会予稿集、平成28年7月、pp.44-48

研究論文トップ

その他

  1. Shigeru Hayashi, Kunihiko Higa,”A Study on Trust and Value Establishing
    Stages in e-Commerce Growth Process” , IADIS International Conference on
    e-Commerce 2007 , December 2007 (Portugal) (CD only, no pages allocated)
  2. Narges Haghi, Shinya Yoshimura, Kunihiko Higa, “An Analysis of SNS Users
    Trust Behavior,” The 3rd International Conference on Collaborative
    Computing, November 2007 (NY) (CD only, no pages allocated)
  3. 松本浩平、比嘉邦彦、“Eコマースの信用・価値確立モデル”
    経営情報学会2007年春季全国研究発表大会予稿集「経営情報型人材を育成せよ!」平成19年,pp.310-313
  4. Kunihiko Higa, Shinya Yoshimura, Narges Pourasghari Haghi, “An Analysis of SNS User’s Behavior” 日本テレワーク学会2007年度研究発表大会予稿集、平成19年6月, pp.12-17
  5. 中西穂高、比嘉邦彦、“地域活性化のためのアウトソーシングの課題”
    日本テレワーク学会2007年度研究発表大会予稿集、平成19年6月, pp.85-90
  6. 林滋、比嘉邦彦、“eコマースの成長過程における信用と価値の確立段階について”
    日本テレワーク学会2007年度研究発表大会予稿集、平成19年6月,pp.108-113
  7. 榊原憲、比嘉邦彦、”プライバシ侵害問題を軽減することを重視したメディア空間への携帯電話機アクセスに関する研究”
    情報処理学会論文誌、Vol.49, No. 1, 2008, pp19-34,
  8. 比嘉邦彦、Doan Tien Duc、松本浩平、“B to Cにおける購買行動の差異の説明要素に関する研究”
    日本テレワーク学会2008年度研究発表大会予稿集、平成20年6月, pp.39-44(発表奨励賞受賞)
  9. 林滋、比嘉邦彦、“質問調査分析によるeコマース段階的成長モデルの検証”
    日本テレワーク学会2008年度研究発表大会予稿集、平成20年6月, pp.45-50
  10. 吉村真弥、比嘉邦彦、“WEBアクセスデータによる情報リテラシーの把握”
    日本テレワーク学会2008年度研究発表大会予稿集、平成20年6月、pp.134 -139
  11. 吉井亜沙、比嘉邦彦、“ソフトウエア開発プロジェクトの成否に関する事例分析”
    経営情報学会2008年秋季全国研究発表大会予稿集(CDのみ)
  12. Rui Gu and Kunihiko Higa, “A Study on Communication Media Selection in IT
    and Service Work Groups,” the Internatiional Journal of Services Sciences,
    Vol. 2, No. 3/4, pp. 381-397, 2009(合併号)
  13. 林滋, 比嘉邦彦,“アンケート調査分析によるeコマース段階的成長モデルの検証,”
    日本テレワーク学会誌, Vol.7, No.1, pp.15-32,2009
  14. S. Hayashi and K. Higa, “Analysis of Differentiating Factors among Trust and Value Stages in e-Commerce Growth Process,” *Journal of Japan Industrial Management Association** *(日本経営工学会誌), Vol.60, No.3E, 2009 (2009年日本経営工学会論文賞受賞)
  15. 河原奈生、比嘉邦彦、“日本国内の分散環境下におけるソフトウェア開発プロジェクトに関する考察”
    日本テレワーク学会2009年度研究発表大会予稿集、平成21年6月, pp.89-93(発表奨励賞受賞)
  16. 中西穂高、比嘉邦彦、“行政アウトソーシングの経済効果に関する産業連関分析-高知県産業連関表を用いた分析-”
    日本テレワーク学会2009年度研究発表大会予稿集、平成21年6月, pp.43-47
  17. 比嘉邦彦、“E-コマース分析へのインスティテューショナル・アプローチ”
    日本テレワーク学会2009年度研究発表大会予稿集、平成21年6月, pp.79-83
  18. 古俣升雄、櫻井良樹、比嘉邦彦、“社会人のグループ学習を支援するディスカッションシステム,”
    教育システム情報学会第34回全国大会講演論文集、pp.12-13、2009
  19. 古俣升雄、櫻井良樹、比嘉邦彦、“社会人のキャリア形成につながる新たなMOT教育、”
    日本教育工学会第25回全国大会講演論文集、pp.325-326、2009
  20. A. Yoshii and K. Higa, “Analysis of the particularity of the Japanese
    software development style in offshore software development,” IEEJ Transactions(採択済み)
  21. (事業担当責任者)比嘉邦彦、企業内社会人のキャリアアップを支援する「エッセンシャルMOT」、
    平成20年度社会人学び直しニーズ対応教育推進プログラム委託業務成果報告書、(文部科学省)2009
  22. 研究担当者)比嘉邦彦、“インスティテューションに基づくe-コマース分析”インスティテューショナル技術経営学 -日本型共進ダイナミズムの解明と世界価値への昇華-、文部科学省21世紀COEプログラム最終成果報告書、2009、 pp.95-101
  23. 講演発表資料)比嘉邦彦、東京工業大学イノベーションマネジメント研究科プログラムの紹介、平成20年度大学教育の国際化加速プログラム海外先進教育研究実践支援(教育実践型)-企業経営を担う技術使者養成システムの設計-報告書、豊橋科学技術大学、(文部科学省)、2009、pp.189-194
  24. Soichi Nishikiori and Kunihiko Higa, “Examining the Uncertainty Unique to E-Business Companies’ Business Continuity in Japan,” 9th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science, August 2010 (Yamagata), pp329-334.
  25. 錦織聡一、比嘉邦彦、“e-business企業特有の経営事象の誘因要件に関する考察、”
    日本テレワーク学会2010年度研究発表大会予稿集、平成22年6月, pp.37-42
  26. 大塚絵里、比嘉邦彦、谷鋭、“メディア・フィットネス・フレームワークの提案、
    日本テレワーク学会2010年度研究発表大会予稿集、平成22年6月、 pp.117-122
    中村人哉、比嘉邦彦、“企業・消費者間コミュニケーションの変遷について、
    日本経営情報学会2010年度研究発表秋季大会予稿集、平成22年6月, pp.54-57
  27. 中村人哉、比嘉邦彦、“企業・消費者間における双方向コミュニケーションに関する研究、
    日本経営情報学会2010年度研究発表秋季大会予稿集、平成22年6月, pp.45-48
  28. (事業担当責任者)比嘉邦彦、企業内社会人のキャリアアップを支援する「エッセンシャルMOT」、
    平成21年度社会人学び直しニーズ対応教育推進プログラム委託業務成果報告書、(文部科学省)2010
  29. 比嘉 邦彦:FDワークショップ報告U3グループ;東京工大クロニクル, (2010)
  30. Rui Gu, Kunihiko Higa, and Douglas R. Moodie, “A Study on Communication Media Selection: Comparing the Effectiveness of the Media Richness, Social Influence, and Media Fitness,” Journal of Service Science and Management, Vol 4, No.3, September 29, 2011, pp. 291-299
  31. 大塚絵理、比嘉邦彦、金丸利文、渡邉尚洋、“コミュニケーションメディア選択に関する一考察 -電子メールの消極的使用-、”日本テレワーク学会2011年度研究発表大会予稿集、平成23年10月、pp.4-9
  32. 比嘉邦彦、小豆川裕子、“クラウド時代のスマート経営(1)戦略ICT経営の新地平、”
    経営情報学会誌、Vol. 20, No. 3, pp.213-218, Dec. 2011
  33. 櫻井 良樹、古俣 升雄、新目 真紀、比嘉 邦彦、“JCSIフレームワークに基づく社会人向け教育研修サービスのCS評価ならびに学習支援効果測定、”第36回教育システム情報学会全国大会、2011年8月31日~9月2日、広島市立大学
  34. Soichi Nishikiori and Kunihiko Higa, “Comparative Cost Analysis of E-Business and Real Business,”(under review) International Journal of Electronic Business, 2012

 

 

研究論文トップ

PAGETOP
Copyright © Higa Laboratory : Tokyo Institute of Technology All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.